これを読めばゼッタイ安心!キャバクラの体験入店マニュアル

キャバクラの体験入店

キャバクラには、「体験入店」という制度があります。

「体験入店」の事を多くの方が略して「体入」と呼んでおり、キャバクラやクラブ、ガールズバーなど1日お試しで働ける制度のことです。

体験入店では、全額日払いでお給料がもらえる仕組みになっているので、お店との相性が合わなくて本入店しなくても、お給料を貰えない事がありません。


キャバクラでの勤務がない方や、ブランクがある方などで仕組みが分からず不安な方も多いと思いますので、こちらの記事にて解説させていただきます。

目次

体験入店の流れ

求職ちゃん

体験入店の流れってどのような感じなの教えてほしいです。

エージェント

体験入店までの流れを説明しますね‼

キャバクラで体験入店をしたことがない方にとっては、流れが分からず不安だと思います。

不安の解消ができるようにまず、体験入店の流れを説明いたします。

STEP
お店を探す

求人や人材紹介会社などで体験入店したいお店を探します。

STEP
応募する

LINEまたは電話などで面接の応募をします。

この際に、体験入店の希望やその他に条件がある場合は、お店の方に伝えておきましょう。

STEP
面接をする

キャバクラでも体験入店の前に面接があります。

面接態度により合否が変わりますので、気を引き締めて臨みましょう。

STEP
体験入店へ

面接で問題がなければ体験入店への運びとなります。

面接した当日に体験入店をすることもあれば、後日体験入店となるケースもあります。

お店のルールやテーブルマナーなどに関しては、体験入店の前に説明されます。

求職ちゃん

面接の日に体験入店もできる事もあるのでしょうか?

エージェント

多くのケースでは、面接当日に体験入店をされています。

体験入店前にテーブルマナーなどをお店の方が教えてくれますが、特にキャバクラで働いたことがない方は1度では覚える事ができません。

心配な方は、こちらの記事で予習して体験入店に行かれることをお勧めします。

キャバクラの体験入店するお店の探し方

体験入店のお店を探す主な方法は以下の通りです。

  • 求人で探す
  • 知人の紹介で探す
  • スカウトで探す
  • 人材紹介会社で探す

それでは一つずつご説明させていただきます。

求人で探す

仕事探しで皆様もパッと思い浮かぶのは求人だと思います。

求人には

  1. Webの求人サイト
  2. 紙媒体

があります。

メリットデメリット
直接お店と連絡が取れ面接までが早い

隙間時間に仕事が探せる
お店の詳しい情報が分からな
噓の記載の可能性がある
求人のメリットとデメリット

求人で探すメリットは、隙間時間に探せてお店の方と直接やり取りするので、体験入店までの時間が短く手間が少ない事でしょう!

ただ、必要な詳細が足りない事が多く、お店の雰囲気も分かりにくいので、お仕事探しがやや運任せになる傾向があります。

求人に嘘が多い理由と、嘘を回避する方法をこちらの記事に書いてありますので、興味のある方はご覧ください。

知人の紹介で探す

知人にキャバクラで働いている方がいれば、紹介をしてもらうのも一つの手段となります。

メリットデメリット
お店の給与システムが分かった上で面接に行ける
お店の雰囲気が面接前に分かる
お店を選べない
お店を辞めにくい事がある
友達との関係が崩れる事がある
友達紹介のメリットとデメリット

友達の紹介で働く場合は、お店のシステムや雰囲気が面接前によく分かり、お店で失敗する可能性が少ないのがメリットです。

そもそも、友達にキャバクラで働いている方がいない場合や、友達が働いている店舗だと条件に合わない事もあります。

また、入店後お店を辞めたい場合に紹介してもらった手前、辞めにくかったりするケースもあります。

スカウトで探す

路上スカウトマンやSNSのスカウトマンを利用して、お仕事を探す方法もございます。

繁華街を歩いたりTwitterで検索して頂ければ、スカウトマンと知り合うことができます。

メリットデメリット
お店の給与システムが分かった上で面接に行ける
複数の店舗情報が分かる
お店の雰囲気が面接前に分かる
スカウトマンからの紹介は違法
スカウトマンの質に差がある

担当者との面談等がありやや時間がかかる
スカウトマンのメリットとデメリット

お店のシステムや雰囲気なども店舗との面接の前に分かり便利万里です。

スカウトマンによっては仕事ができ優秀な方もいらっしゃいますが、スカウトマンからの紹介は職業安定法違反となります

違法な事に加担する事はおススメしません。

キャバクラスカウトの職業安定法違反については、こちらの記事に詳しく書いてありますので、興味のある方は是非ご覧ください。

人材紹介会社で探す

キャバクラのお仕事を探すには人材紹介会社を利用する事もできます。

厚生労働大臣の許可を受けた会社からのお仕事紹介となります。

メリットデメリット
お店の給与システムが分かった上で面接に行ける
複数の店舗情報が分かる
お店の雰囲気が面接前に分かる
紹介会社担当者との面談などがありやや時間がかかる
人材紹介会社のメリットとデメリット

お店のシステムや雰囲気なども店舗との面接の前に分かり非常に便利です。

デメリットとしては、担当者との面談があるので時間はかかりますが、条件に沿ったお店を提案してくれるのでちゃんとお店を選びたい方におススメです。

人材紹介会社について詳しく知りたい方はこちらの記事をお読みください。

体験入店の仕組み

求職ちゃん

体験入店って全額日払いなのでしょうか?また、体験入店をしたら入店しなければなりませんか?

エージェント

日払いや体験入店の詳細についてよくご質問いただくので解説させて頂きます。

体験入店の必要性について

キャバクラの体験入店は、女性が入店前に店舗の雰囲気やお給料面などついて、問題がないかを判断するためにあります。

また、店舗側が女性の合否や待遇を決める事にも使われます。

もし体験入店がなかったら、面接時点で分からなかった集客数やお店の雰囲気が悪くても、お給料がもらえるのが1か月前後になってしまうため、辞めるに辞められなくなってしまします。

全額日払い

キャバクラの体験入店では、全額日払いになります。

お店との相性が合わなかったりする場合も、体験入店終了時にお給料がもらえるので安心な制度です。

体験入店後の本入店は断ることができる 

体験入店が終わったあと、働き振りに問題がないようでしたら、本入店をしないかとお店から相談される流れになります。

しかし、以下のような事も多いかと思います。

  • お店の雰囲気が悪い
  • 条件面で合わない
  • 客層が合わない
  • 他店も見たい
  • 少し考えたい

そのような時は、本入店を断ることが可能です。

体験入店当日の持ち物と流れ

求職ちゃん

体験入店の当日はやっぱり緊張しますね。持ち物とか服装はどうしたらよいですか?

エージェント

本日は体験入店当日ですね!体験入店ができないなどのトラブルがないようにご説明させていただきます。

面接や体験入店の持ち物に関して、より詳細に説明しておりますので、よろしければこちらもお読みください。

体験入店の持ち物

キャバクラでの体験入店は、必要な持ち物がいくつかあります。

必須な持ち物からお店で借りることもできる物まで解説していきます。

必須な持ち物

体験入店時に必須な持ち物は以下の通りです。

  • 本籍地記載の住民票(パスポートの場合は不要なケースも)
  • 顔付き公的身分証明書

身分証明書は体験入店までに必ず提出がとなります。

身分証明書は、体験入店までに必要となり忘れると体験入店ができなくなりますのでお気をつけて下さい。

パスポートをお持ちの場合は、本籍地記載の住民票が不要な店舗もありますので店舗までご確認ください。

体験入店時に必要な身分証明書を知りたい方はこちらをご覧ください。

仕事中に必要な持ち物

  • ライター
  • ハンカチ
  • ポーチ
  • 名刺入れ
  • ボールペン

体験入店時にはできるだけ揃えましょう。

これらはなくてもお仕事はできますが、用意して持って仕事に行けばお店の方からしっかりとした人だと評価されます。

持参できない場合は、面接時に借りれるか相談してみましょう。

お店から借りることのできる持ち物

  • 衣装(ドレスやスーツ等)
  • サンダルやパンプス等

衣装やサンダル、パンプス等はお店から借りることができますが、店舗により無料だったり有料だったり異なります。

もしご自身の衣装などをお持ちであれば持参して問題ありません。

持参する際は、お店の衣装が何なのかを確認してから持って行くようにしましょう。

履歴書は必要か?

履歴書が必要になる事はほとんどありません。

履歴書が必要な際は、お店から事前に言われるので必要と言われたら用意しましょう。

体験入店に着て行く服装

キャバクラの面接は、ドレスなどを着ていく必要はありません。

面接でベストなのは、女性らしいデート服でキレイめなワンピースやスカートなどを着て頂ければ良いです‼

ヘアメイクに関しては、セットしていく女性もいらっしゃいますが、ヘアメイクをして面接をした方が採用率が上がったり条件が良くなったりなどはありませんので、お好みでして頂ければと思います。

面接で気をつける事

キャバクラの体験入店前にも面接があります。

基本的な事ですが、特に以下の事に関して気を注意してください。

  • 時間厳守
  • 身だしなみ
  • 言葉遣い
  • 気遣い

面接の合否や採用時給などにも関わりますので、気を引き締めて臨みましょう。

お店の説明や接客の指導

面接が終わると、体験入店の前にお店の説明やテーブルマナーなどの接客指導があります。

特に未経験の方や初心者の方ですと、テーブルマナーを1度で覚えられませんが、分からない事があれば教えてくれるはずですので、ボーイの方などに聞いてしっかり覚えていきましょう。

下の記事で、テーブルマナーについて解説しておりますので、もしよろしければお読みください。

体験入店するにあたっての注意点

求職ちゃん

体験入店で気をつける事ってなにかありますでしょうか。

エージェント

体験入店の注意点ですね。いくつかありますのでお伝えしますね。

キャバクラ体験入店の主な注意点は以下となります。

  • 面接に落ちて体験入店ができない事もある
  • 体入荒らしをすると体験入店ができない事も!?

一つずつ解説して参ります。

面接に落ちて体験入店ができない事もある

面接で不採用となれば当然体験入店ができなくなります。

求人などでは、お店の採用ランクが分かりにくいので受かるか心配な方は、人材紹介会社への相談が良いでしょう。

女性にぴったりのお仕事を紹介してもらえるので、不採用になるリスクを減らすことができます。

体入荒らしをすると体験入店ができない事も!?

体入荒らしとは、体験入店を何店舗も何店舗も行くことです。

何店舗も体験入店をしてしまうと、同エリアでは有名になって噂が広がり面接で落とされることもあります。

また、本人も面接疲れで集中力と緊張感がなくなり、言動が意図しないうちに悪くなることもあるようです。

体験入店に複数店舗行って頂くことは全く問題ありませんが、デメリットがあることを頭に入れて頂けますと幸いです。

体入荒らしについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

友達と一緒に行くとデメリットが多い

友達と面接や体験入店に行くと非常にデメリットが多いです。

デメリットは以下の通りです。

  • 面接すらしてくれない
  • 条件が合わず選択肢が少なくなる
  • 体験入店できる確率が下がる
  • 時給が下がる事がある
  • 一人だけ採用の可能性
  • 本当は採用だったのに不採用になる事がある
  • シフトが自由に組みにくくなる
  • 不仲になる事も

面接、体験入店に友達と行くデメリットを知りたい方はこちらをご覧ください。

まとめ

体験入店(体入)について解説いたしましたがいかがでしたか?

体験入店の制度がなければ、全額日払いができずにお店選びが非常に難しくなっているでしょう。

この制度を有効利用して頂き、ぴったりなお店を見つけていただけますと幸いです。

キャバクラの体験入店をご希望の方はLINEにお気軽にご相談くださいませ。

お仕事探しの方はLINEでお問い合わせください
LINEのアイコン

LINEの友だち追加ができます‼

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次