キャバクラ本入店の断り方!キャバ嬢が実際に使っていた断り文句も紹介

キャバクラの方入店を断りたい

体験入店が終わり、お店から聞かれる事があります。

「本入店しませんか!?」

でも、自分の条件と照らし合わせた時にどうしても合わない時などありますよね。

体験入店とは、1日お試しで働く制度ですので、断る事は全く問題ありません。

しかし、何と断ったら良いのか正解が分からなかったり、面と向かって断りにくかったりする方も多いでしょう。

そのような時に色々な回答を頭に入れておけば役に立つこと間違いありません。

今回は、キャバクラの体験入店でお店が合わなかった時の断り方について解説します。

予告!!

記事の後半には、キャバ嬢が良く使っている断り方をご紹介!

目次

体験入店はお試しで働く制度

求職ちゃん

体験入店でお店が合わなかったのですが、どうしたらよいでしょうか?

エージェント

体験入店は、1日お試しで働く制度なので、本入店しなくても全く問題ありません。

体験入店と本入店では、キャバ嬢にとって状況が全く違います。

以下の解説を見て頂ければ、体験入店終了後に本入店を断って大丈夫なんだ!

と分かって頂けると思います。

体験入店とは

体験入店とは、1日お試しでキャバクラのお店で働ける制度で、お給料は全額日払いです。

面接のみでは実際にどのようなお店かわからない事も多いので、一度お試しで働いてみて問題がなければ本入店する流れとなります。

また、お店がキャバ嬢の仕事ぶりをチェックする機会でもあります。

お店をチェックする

体験入店では実際に働かないと分からない項目についてチェックします。

主な項目は以下となります。

  • 集客数
  • 客層
  • ボーイの対応
  • 在籍キャバ嬢の雰囲気
  • 掃除がきちんとされているか

集客については、指名のお客様が多いのかそれともフリーのお客様が多いのかについてもチェックが必要です。

指名のお客様ばかりのお店だと、自分のお客様にすることができないので、後々の自分のお給料が少なくなります。

キャバ嬢をチェックする

お店としての体験入店は、合否や時給決定の判断に使われます。

  • 実際に指名が取れそうか
  • 勤務態度はどうか

実際は、面接よりも体験入店の方が、合否や時給決定の判断に大きく影響します。

本入店とは

本入店とは、キャバクラのお店に在籍する事です。

昼職では入社と同じような感じですね。

本入店するとほとんどのお店では、全額日払いではなく給料日にまとめて頂く流れになります。

本入店の断り方

求職ちゃん

体験入店で合わなかったのですが、何て断ればよろしいでしょうか?

エージェント

断り方はたくさんありますのでご紹介しますね。

本入店を断る際、内容によっては伝えにくい事もありますよね。

本入店については、体験入店終了時に聞かれるのでそれまでに回答を用意しておきましょう。

正直に合わなかった事を話す

正直に伝えられる内容やお店の雰囲気でしたら、正直にお伝えして頂くのが一番でしょう。

ただし、以下のような内容は控えた方が良いかもしれません。

  • ボーイに気持ち悪い人がいる
  • ボーイが怖い
  • お店の内装が古い

正直に過ぎると嫌な思いをさせてしまう可能性もあるので、他の伝え方をの選択をおすすめします。

条件的に合わなかった場合は交渉も兼ねる

希望条件と合わなかった場合は、交渉の意を込めて伝えると良いでしょう。

例えばですが、希望時給が5000円に対して提示された時給が4500円だった場合、希望時給に届いていない旨を伝えれば再度考えてくれることもあります。

その他の条件が合わなかった場合も正直に伝えれば、応じてくれる可能性もあります。

時給交渉について詳しく知りたい方はこちらの記事をお読みください。

他の面接の予定がある事を伝える

他の面接の予定があるとお伝えすれば、本入店の流れをストップさせることができます。

しかし、お店の方が他のお店の面接が終わるのを待っている事も多いので、その場しのぎにしかなりません。

この方法で伝えてしまったら、後日断りの連絡が必要となるケースがあります。

可能であればお店の方を待たせないように、次の日にお断りの連絡を入れた方が良いですね。

一度考えさせてほしいと伝える

一度考えさせてほしいと伝える方法もあります。

しかし、この方法も本入店の流れをストップしただけなので、後日どうする事にしましたか?といった感じで連絡を頂く事も多いです。

可能であればお店の方を待たせないように、次の日にお断りの連絡を入れた方が良いでしょう。

客層が合わないと伝える

お店の事が理由だと正直に言いにくい場合は、客層が合わなかったと伝えるのもアリです。

お店の事を直接ダメ出しするわけではありませんので、伝えやすくお店の方も言われて不快な気分になる事は少なめです。

客層が悪かったと伝えるのではなくて、自分の得意なお客様の層と違った。
と答えるのがポイントです。

後日連絡するのが嫌で、断り方に困ったらお勧めの方法です。

給料システムが合わないと伝える

キャバ嬢が抱えているお客様の層や数などによって、合う給料システムと合わない給料システムがあります。

例えばですが、太客が多い場合では、ポイントスライド制との相性が悪いケースが多かったりします。

給料システムを詳しく知っていないと難しいやり方ですが、しっかりとした理由付けとなります。

給料システムについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をお読みください。

仕事自体が合わないと伝える

未経験者しか使えませんが、仕事自体が合わないと伝える方法もあります。

キャバクラのお仕事が合わなければしょうがないよね。

と思う方が大半です。

しつこく入店の催促される心配も少ないでしょう。

働く気がないのに保留や本入店すると伝えてしまっている場合

求職ちゃん

断ろうとしていたのに断り切れず本入店すると言ってしまいました。

エージェント

お店にも迷惑がかかってしまうので早めにお伝えしましょう。

お店の方の本入店して欲しいという圧力を感じてしまったり、断るのが申し訳なくて保留や本入店をすると伝えてしまったりする事もあります。

その場合は、すぐに伝えた方がお店に対して迷惑をかけずに済みます。

その理由ですが、キャバ嬢が入店する可能性がある場合、他のキャバ嬢の採用をしないケースもあります。

保留や本入店すると伝えている期間が長ければ長いほど、お店としては困ってしまいます。

可能な限り早めにお伝えしましょう。

断る手段

伝える手段は何でも問題ありません。

電話でもLINEでもメールでも構いません。

伝えやすいツールで連絡を入れましょう。

断る理由

実際お店として重要なのは、断る理由よりも早く回答が欲しいのです。

断る理由を考えてしまって断ることができないくらいであれば、断る理由は何だって構いません。

少し乱暴な言い方かもしれませんが、連絡が遅いようであれば理由がなくても断ってくれても構わない!

と思うお店が多いでしょう。

キャバ嬢がよく使っている断り方

実際にキャバ嬢がよく使っている断り方をご紹介します。

  • 昼職や学校の都合で仕事ができなくなった
  • 彼氏や家族にバレた
  • 夜職を上がろうと思う
  • 昼職の面接に受かった
  • 怪我をしてしまった
  • 他店で本入店する事になった

真偽に関しては不明ですが、このような断り文句が多かったです。

まとめ

キャバクラの体験入店で、お店が合わなかった時の断り方について解説して参りました。

断り方は様々ですが、失礼のない限りは正直に伝えてしまっても問題ありません。

また、理由が失礼だったり伝えにくかったりする場合には、相手の事を配慮してマイルドに伝えるか違う理由にしてあげるのが、トラブルなく断る秘訣となります。

お仕事探しの方はLINEでお問い合わせください
LINEのアイコン

LINEの友だち追加ができます‼

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次