お酒を飲めないキャバ嬢へ!ノンアルと相性の良い給料システムと営業方法もご紹介

お酒を飲めない キャバ嬢っている? ノンアルでの働き方を解説

キャバ嬢になりたい!

でも、お酒が全く飲めない方や苦手で少ししか飲めないという方もいらっしゃると思います。

お酒が飲めないとキャバクラで働くことができないんじゃないか?

そのようにお悩みの方も多いですが実際には、お酒を飲めないキャバ嬢の方もたくさん働いています。

働けますが、お酒が飲めるキャバ嬢よりハンデを抱えてのスタートになってしまいます。

今回はお酒を飲めないキャバ嬢の対策とデメリットなどを詳しく解説して参ります。

目次

お酒が全く飲めなくてもキャバクラで働ける?

求職ちゃん

お酒を全く飲めなくても働けるのでしょうか?

エージェント

全く飲めなくても働けるお店もありますが、選択肢は少なくなります。

お酒を全く飲めないのか?

それとも少し飲めるのか?

キャバクラの面接や体験入店の際に、その差は合否に大きく関わります。

全くお酒が飲めなくても採用になるお店もありますが、選択肢は少なめです。

選択肢が少なくなる主な理由は以下となります。

  • お客様の中にはキャバ嬢と一緒にお酒を飲みたい
  • お酒を飲むことで売上に繋がる

売上に繋がる部分でのマイナス面が多く不採用率が上がってしまいます。

しかし、不採用率は上がってしまいますが、しっかりと探せば完全にノンアルで働くことは可能です。

お酒を飲めないキャバ嬢の対策

求職ちゃん

お酒を飲めない場合どのようにしたらよろしいでしょうか?

エージェント

お酒を飲めない方の対策をいくつかご紹介しますね。

高級店は避ける

高級店ではお酒が全く飲めないと不採用になる事が多いです。

また、少しだけしか飲めない方もできればやめておいた方が無難です。

理由としましては、高級店ではボトルやシャンパンが入ることが多くお酒を飲まないといけなくなることが多いからです。

そのような事から高級店は避けて頂いた方が無難です。

応募時に確認

お酒を飲めない事はお店の方には、応募時に伝えておいた方が良いでしょう!

応募時にお伝えしておけば、現地へ面接に行ってからお酒を飲めないという理由での不採用リスクがなくなるからです。

もし飲めない事を黙って入店してしまうと、お酒をたくさん飲まないといけなくなったり、信頼を失いかねません。

お店の方と良い関係で長く働くに為にも正直に伝えましょう。

ノンアルコールドリンクにしてもらう

キャバクラには、フェイクドリンクというものがあります。

フェイクドリンクとは、アルコール入りのドリンクに見えるノンアルコールドリンクです。

下に書いてあるのは、フェイクドリンクの例になります。

ファジーネーブル

オレンジジュース

ウーロンハイ

ウーロン茶

コークハイ

コーラ

お酒が飲めない方は、お店の方にフェイクドリンク対応にしてもらえるか相談をしてみましょう。

お酒を飲まないといけないようなシチュエーション

お酒をグラスに注がれた場合、キャバクラでは残さないというのがルールとなります。

以下のような状況の場合、フェイクドリンクにできない状況になるので注意が必要です。

キープボトル

キープボトルの場合、お客様の目の前でお酒を作ることになります。

キャバ嬢の飲むお酒は薄めに作るというのがルールではありますが、全く入れないとお客様にバレてしまう事もあります。

シャンパンやワイン

シャンパンやワインを入れてもらうと、ボトルから直接グラスに注がれます。

一度注がれてしまうとお酒から逃れられることはできません。

お客様に正直に言う

全くお酒が飲めないようでしたら、ボーイに了解を得てからお客様に正直に伝えるしかありません。

全く飲めないのに無理して飲むことは、仕事に対してプラスになりません。

意識がなくなったり、体調が悪くなり周りに迷惑をかけてしまうのと、自分にとっても負担になってしまいます。

無理をしない事が長く働ける重要な要素となりますので、お客様に正直に伝えましょう。

お酒を飲めないキャバ嬢にお勧めの給料システムと営業方法

求職ちゃん

お酒が飲めないキャバ嬢はどのようなお店で働いたら良いのでしょうか?

エージェント

お酒をあまり飲まなくても稼ぎやすい給料システムがあります。

キャバクラではお店によって給料システムが違います。

お酒を飲まなくても稼ぎやすいシステムが実はあるのです。

ここではお酒を飲まなくても稼ぎやすい給料システムと、その給料システムと相性の良い営業方法をご紹介いたします。

指名本数スライド制

指名本数スライド制とは、本指名(お店により場内指名)の獲得本数によって時給が決まるシステムとなります。

指名本数のみで時給の査定が行われる関係、大きな売上を上げる必要性がありません。

大きな売上を上げるには、ボトルやシャンパン、ワインなどをお客様に注文して頂く必要があり、お酒を飲まないといけない状況になる事が多くなってしまいます。

しかし、大きな売上を上げないでも稼ぎやすい指名本数スライド制は、お酒を飲めないキャバ嬢にとって相性の良い給料システムと言えます。

お酒が飲めないまたは、苦手なキャバ嬢向けの給料システム「指名本数スライド制」について、詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

色恋営業

先ほど、指名本数スライド制がお酒を飲めないキャバ嬢と相性が良いと書きましたが、色恋営業は指名本数スライド制とお酒が飲めないキャバ嬢共に相性が良いです。

色恋営業では、お客様がキャバ嬢に恋をしている状況なので、キャバ嬢の言う事を聞いてくれます。

指名本数スライド制では、長い時間本指名のお客様がお店に居てくれれば稼げるという特徴があります。

お客様がキャバ嬢に恋をしている状況で、「シャンパン等飲まずに長く一緒にいよう」とキャバ嬢からお願いされれば、そうせざるを得ないでしょう。

その為、色恋営業はお酒が飲めないキャバ嬢に向いていると言えます。

お酒が飲めないまたは、苦手なキャバ嬢向けの営業方法「色恋営業」について、詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

お酒を飲めないキャバ嬢のデメリット

求職ちゃん

お酒を飲めないとやはり厳しいのでしょうか?

エージェント

デメリットも多いですが、No.1キャバ嬢も実際にいらっしゃいます。

キャバ嬢として働くにあたり、お酒が飲めない事はハンデを抱えているようなものです。

しかし、お酒が全く飲めないトップキャバ嬢も実際にはたくさんいます。

ハンデがある分、容姿やトークの技術などを磨く努力は人一倍必要ですが、諦めるにはもったいないです。

どのようなデメリットがあるのかを知っておくことは、仕事を選択する上で重要になりますのでご紹介いたします。

採用が厳しくなる

キャバクラではお酒が飲めないと採用が厳しくなります。

一番の理由としては売上を上げにくいからです。

キャバ嬢がお酒を飲むと、ドリンクやボトルを注文することになるので、直接的に売上に繋がります。

また、お客様と一緒に飲み、酔いがまわると財布の紐が緩んで延長を頂ければ、間接的な売上に繋がります。

そのような事から売上を上げにくいので採用が厳しくなる傾向があります。

バックが入らない

お酒が全く飲めないとシャンパンやボトルが入りにくくなります。

お客様としては一緒に飲むことができなかったり、「シャンパンが飲みたい」等のおねだりもできなくなるのが理由です。

シャンパンやボトルは、バックが高額に設定されている事が多く、その分の稼ぎが見込めません。

キャバクラのバック、バックの相場が知りたい方はこちらをお読みください。

お酒好きのお客様から敬遠される

キャバクラにはお酒が大好きなお客様も通われています。

お酒が好きな方は、一緒に飲めるキャバ嬢と過ごしたいと考えている方も一部おられます。

そのような方からは、指名を頂きにくくなってしまいます。

お客様から強要される場合も

中にはお酒を強要される方もいます。

もちろん断っても問題ありませんが、断りにくい状況に持って行かれることもあります。

まとめ

キャバクラではお酒を飲まなくても働けるお店はあります。

しかし、お酒が飲めるキャバ嬢に比べると採用が厳しくなったり、売上が上がりにくかったりとマイナス面も多くあります。

そのマイナス面をいかにしてクリアしていくのかが課題となります。

お酒が全く飲めない、苦手な方でお仕事探しにお困りの方がいらっしゃいましたらお気軽にご相談くださいませ。

お仕事探しの方はLINEでお問い合わせください
LINEのアイコン

LINEの友だち追加ができます‼

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次