ラウンジとキャバクラどちらがおすすめ!?勤務する上での違いについて解説

キャバクラとラウンジの違い

ラウンジとキャバクラはどのように違うのか?

ウインナーとソーセージの違いが分からないように、ラウンジとキャバクラの違いなんて関係者じゃないと分からないでしょう。

しかし、水商売で働こうと考えている方にとっては、その違いが非常に重要です。

キャバクラはなんとなくイメージできるかもしれませんが、問題はラウンジでしょう。

ラウンジは簡単に言ってしまうと、ママがいるクラブ(高級)とスナック(大衆)の中間のような立ち位置です。

今回は、キャバクラとラウンジの違いについて詳しく解説して参ります。

西麻布や恵比寿、六本木にある会員制ラウンジの解説ではありませんのでご注意ください。

≫ ラウンジの店舗詳細一覧はこちら

仕事探しをお考えの方へ!

2300店舗以上の契約店から、あなたにぴったりのお仕事をご提案!

厚生労働大臣からの許可を得ている水商売専門の紹介会社なので安心です。

  • 求人には詳細が載っていない
  • 未経験で仕事探しが不安
  • 自分に合ったお店を知りたい
  • 合否が不安
  • 面接前にお店の詳細を知りたい
  • 条件の交渉をしてほしい
  • 高級店にチャレンジしたい
  • 日払い額の多いお店を知りたい

様々な不安や悩みがありますよね。

キャバクラやクラブ、ラウンジなどのお仕事を探している方は、お気軽にお問い合わせくださいませ。

東京・大阪・名古屋・横浜ナイトワークの体験入店

\ ここまで載せるの!?詳しい時給やシステムを公開 /

タップで移動できます

キャバクラとラウンジの共通点

求職ちゃん

キャバクラとラウンジって似ていますよね?

エージェント

お酒を飲みに来ているお客様からすると区別できていない方も多いです。

キャバクラとラウンジの主な同じところをピックアップすると、項目自体は少ないですがお酒を飲んで接客するという根幹部分が同じだと分かると思います。

キャバクラとラウンジの主な同じところは以下となります。

  • 隣に座っての接客
  • お酒を作って飲む

早速ですが解説して参ります。

隣に座っての接客

キャバクラとラウンジはお客様の隣に座って接客します。

お客様の隣に座って接客ができるのは、風営法の許可を取っているという事になります。

風営法の許可という事は、営業時間も25時までです。

風営法について詳しく知りたい方は、こちらの記事をお読みください。

お酒を作って飲む

これはご存知だと思いますが、お客様とキャストがお酒を飲みます。

また、お酒を作るのもラウンジ嬢のお仕事の一つです。

エージェント

ラウンジもキャバクラと同じくテーブルマナーについてしっかりと覚えて接客する必要があります。

テーブルマナーについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をお読みください。

キャバクラとラウンジの違い

求職ちゃん

キャバクラとラウンジはほとんど同じなのですね。

エージェント

働く女性からするとかなりの違いがありますよ。

お客様目線では、隣に座りお酒のむ事なので大差がないように感じるかもそれませんが、女性目線では多くの点で異なります。

ラウンジにはママがいる

キャバクラにはママがいませんが、ラウンジにはママがいます。

ママとは、「店長」や「オーナー」の様な存在でお店を切り盛りするする人の事です。

ママの業務の一例は以下となります。

  • お店の方針決定
  • 経理
  • 仕入れ
  • 宣伝
  • 掃除や片付け
  • 求人や面接、シフト管理
  • 新人ラウンジ嬢の教育やサポート
  • 接客

ママはお店の全ての業務をこなす事になります。

一方キャバクラでは、接客以外はボーイなどが業務を行います。

接客方法

キャバクラとラウンジでは接客方法が違います。

キャバクラはマンツーマン接客

マンツーマン接客とは、お客様1人に対してキャバ嬢が1人接客するスタイルとなります。

キャバクラが疑似恋愛を楽しむ場と言われるのは、マンツーマン接客が大きな理由となっているでしょう。

水商売でマンツーマン接客を行っているのは意外と少なく、主にキャバクラとニュークラブとなります。

ニュークラブについて詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

ラウンジは複数接客

一方、ラウンジでは複数接客となります。

複数接客とは、お客様に対して複数のラウンジ嬢が接客を行うスタイルです。

マンツーマン接客と比べて、複数で会話を楽しむため、賑やかな雰囲気のお店が多いです。

指名システム

キャバクラでは「指名制」、ラウンジでは「担当制」というシステムが導入されています。

指名制

キャバクラの指名制とは、お店で一度キャバ嬢を指名したとしても、他のキャバ嬢に乗り換える事が可能なシステムです。

故意に指名替えをしていなくても、指名を変えるお客様もおりトラブルに発展するケースもあります。

お店としては、指名を変えても来店してくれるメリットがありますね。

キャバクラの指名について知りたい方は、こちらの記事をお読みください。

担当制

ラウンジで採用されている担当制では、一度担当ラウンジ嬢になったらお客様の希望があっても基本的に変える事ができません。

また、担当になると自分が休みの時に担当のお客様が来ても、売上が自分のものとしてつきます。

時給はキャバクラが高くラウンジが低い

時給に関しては、キャバクラの方が高く2500円~10000万円を超えているキャバ嬢もいます。

一方ラウンジ嬢の方は、2000円~3000円程の時給となります。

キャバクラでは、営業を頑張れば頑張るほど稼げるので、真剣にお仕事をしたい方におすすめです。

≫ 時給を掲載している店舗一覧はこちら

バックの有無

キャバクラでは、時給+バックで稼ぎますが、ラウンジにはバックが無いか、もしくは少ないお店が多いです。

上でも解説していますが、時給が低くバックも少ないとなるとラウンジで働く意味あるのか?

このような疑問が湧くと思いますが、後述する売上やノルマ、シフトの条件的な良さがあり、ラウンジで働く方おられるのです。

ラウンジは売上やノルマをあまり気にしなくてよい

キャバクラは売上により時給が決定され、厳しいノルマが課せられます。

ラウンジではママの裁量により厳しさが違いますが、キャバクラよりも緩めに設定されている事が多いです。

 ≫ ノルマを掲載している店舗一覧はこちら

ラウンジはシフトが自由

キャバクラでは、週1回や2回の出勤だと多くのお店では許されません。

ラウンジでは、少ない出勤回数でも働けるお店が多いです。

キャバクラはドレス、ラウンジは私服

キャバクラではドレスを着るように指定されているお店も多いです。

ラウンジは、私服のお店が多くてワンピや中にはパンツスタイルOKなお店もあります。

衣装は、店のコンセプトにより異なるので、お店のHPやSNSを見て頂けると雰囲気が分かります。

キャバクラのドレスについては、こちらの記事をお読みください。

≫ 衣装の種類を掲載している店舗一覧はこちら

ボーイがいるかいないか

キャバクラでは、必ずボーイがいます。

一方ラウンジでは、ボーイが全くいないもしくは少ないお店も多いです。

キャバクラでは、ドリンクやフードの注文や洗い物に関してボーイが必ずやりますが、ラウンジではラウンジ嬢が行うお店もあります。

客層が違う

キャバクラに来店されるお客様とラウンジに来店されるお客様では客層が違います。

キャバクラでは若いお客様が多く、ラウンジの方は年齢層が高く落ち着いた方が多く来店されます。

まとめ

今回はキャバクラとラウンジの違いについて解説して参りました。

お客様目線では、女性の隣に座りお酒を飲むという事には変わりなく、大差を感じない方も多いです。

しかし、女性側からすると勤務環境や条件などが大きく違います。

働く女性により条件や相性もありますので、よく吟味してお店を選んで頂けますと幸いです。

求人情報について

ご紹介できる店舗数は2300店舗以上!

しかし、キャバワークに掲載している求人・体験入店情報は、ほんの一部となります。

求人情報が詳しすぎるため、一部の店舗様から掲載NGとなっているためです。

掲載している店舗様は一部となりますが、詳細な時給や雑費、ノルマ、ペナルティなどを詳しく掲載しておりますので、参考までにご覧くださいませ。

営業時間やバックに関しては、諸事情により詳しく掲載できませんが、面談時に詳細な店舗情報を添えてご提案させていただきます。

\ ここまで載せるの!?詳しい時給やシステムを公開 /

求人を検索する

仕事を探す

お仕事探しの方はLINEでお問い合わせください

東京・大阪・名古屋・横浜ナイトワークの体験入店

エージェント
サイトの運営者
水商売の仕事3000人以上の人材紹介を行う。
15年間培ってきた知識で失敗しないお店の選択方法や営業ノウハウを伝授!
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップで移動できます