キャバクラの寮はどんな部屋?失敗しない探し方と注意点についても解説

キャバクラの寮について解説

キャバクラの寮ってどうなんだろう?

簡単に住めそうだけど、きっと良くない事もありそうだな。

おそらくこのように思われている方も多いと思います。

事実、キャバクラの寮にはメリットもありますが、当然デメリットもあります。

しかし、ある特定の条件をお持ちの方には、メリットの部分が非常に大きく、寮に住む事をお勧めできます。

その条件とは以下の通りです。

  • 初期費用がない
  • すぐに住みたい

これらの条件に当てはまるようでしたら、寮に住む事を選択肢に入れて頂いて良いと考えております。

今回はキャバクラの寮について解説して参ります。

目次

キャバクラの寮とは?

求職ちゃん

キャバクラの寮ってなんとなく心配です。

エージェント

不安が解消できるようにキャバクラの寮がどのようなものなのかを解説しますね。

「寮」と聞くとお店が一棟丸ごと借り上げているイメージも持たれている方もおられるかもしれませんが、そのような事はまずありません。

マンション内に1部屋、多くて数部屋を借りている事が多いです。

まずは、キャバクラの寮がどのようなものなのかを解説して参ります。

お店がどのような方法で寮を提供しているのか

お店が寮として提供している方法は主に2つです。

  • お店として借りている
  • 店長やボーイが借りている

お店としして借りている場合は、法人などで借りているケースです。

店長やボーイが部屋を借りて寮として提供しているケースもあります。

どのようなお部屋なのか

お店が借りているお部屋により様々ですが、お店が借りているお部屋で一般的なものをご紹介します。

問題のある物件では?

マンション自体は、普通の不動産会社で扱っている物件を寮として貸しているので、特に問題があるお部屋という事はありません。

マンション自体には、お昼のお仕事をされている方もお住まいです。

築年数や綺麗さ

新築や築浅のお部屋もあれば、築20年~30年くらいのお部屋もあります。

全体的には、新しめのお部屋でオートロックがついているお部屋が多いです。

綺麗さに関しては、人によって捉え方が違うので表現が難しいですが、色々な方が住む事を想定して借りているので、極端に汚かったりする事はほとんどありません。

間取り

間取りに関しては、1Rや1Kのお部屋がメインとなります。

あまり見たことはありませんが、3LDK等をお店が借りている場合は、1部屋1名ずつ使いお風呂やトイレは共同で使用する事もあるようです。

寮費の支払い方

寮費の支払い方ですが、基本的にお給料から引かれるようになっています。

お店としては、回収する手間も省けて、回収できないリスクも減るので合理的な方法ですね。

キャバクラの寮に住むメリット

求職ちゃん

キャバクラの寮に住むのってどうなんでしょうか?

エージェント

おすすめできるポイントもあります。

キャバクラの寮に住む主なメリットは以下となります。

  • 初期費用がかからない
  • 審査がない
  • 空いていればすぐに住める
  • 家具や家電が揃っている

早速ですが1つずつ解説して参ります。

初期費用がかからない

お店で寮を用意してもらえる場合は、初期費用が無料です。

普通の賃貸のお部屋を借りる場合では、高額な初期費用がかかるケースもあります。

敷金0か月・礼金0か月であれば安く借りる事ができるのでは?

そのように思われる方も多いですが、意外と多くの費用がかかります。

初期費用一覧

敷金

賃料の0ヶ月~2ヶ月が相場。

退去時に修繕費用やクリーニング代を引いて返されるお金です。

礼金

賃料の0ヶ月~2ヶ月が相場。

近年では礼金が少なくなってきている印象です。

退去時に返金されません。

仲介手数料

賃料の1.1ヶ月分が上限。

仲介手数料は、賃料の1.1ヶ月分以下であればいくらでも問題ありませんが、上限額を請求されることが多いです。

前家賃

入居日のよるが約1ヶ月分。

家賃の前払いの費用です。

この項目の金額が大きくても損をすることはありません。

保証会社利用料

賃料の0.3ヶ月分~1ヶ月分。

費用は利用する保証会社により異なります。

元々は連帯保証人がいない方が利用していましたが、近年では連帯保証人がいても利用必須の物件も増えています。

鍵交換代

1.5万円~2万円程度。

希望すれば交換なしで入居する事も管理会社によって可能です。

火災保険

1Rや1Kの場合は1.5万円~2万円程度。

火災のほか、台風や大雨などの自然災害、盗難などによって被害を受けた際の損害が補償されます。

初期費用一覧を見ていただければ分かりますが、敷金0か月・礼金0か月の物件だとしても初期費用が賃料の約3ヶ月分かかります。

細かい話になりますが、フリーレント(賃料無料)1ヶ月ついている物件で、仲介手数料が安くなっても賃料の1.5ヶ月分~2ヶ月分の初期費用がかかります。

そういったことから、初期費用を用意できないキャバ嬢にとって寮という選択は、大きなメリットとなります。

審査がない

キャバ嬢は審査に通りにくい職業です。

部屋の内見に行き、書類を集めて申込みをしても審査に通らない可能性もあります。

一方、キャバクラの寮では審査がないのでスムーズに入居が可能です。

空いていればすぐに住める

通常の賃貸物件の広告には「即日入居」と書かれている事もあります。

しかし、不動産屋さんに行ってもその日に入居できません。

「即日入居」掲載されていても、物件の申込みや審査などで早くても1週間程度はかかります。

その点、キャバクラの寮が空いていれば、本当に即日入居が可能です。

家具家電が揃っている

賃貸でマンションの場合、家具家電付きの物件は非常に少数です。

キャバクラの寮でしたら、家具家電が揃っている事が多いいです。

買い集める手間と費用を削減できます。

キャバクラの寮に住むデメリット

求職ちゃん

キャバクラの寮に住むメリットを聞くと住んでも良いかな?と思うようなりました。

エージェント

デメリットも確認してからご判断い頂くことをおすすめします。

キャバクラの寮に住む主なデメリットは以下の通りです。

  • 部屋を選べない
  • レギュラー出勤が必須
  • お店を辞めると寮から出なければいけない
  • 寮費が高い事もある

それでは解説して参ります。

部屋を選べない

キャバクラの寮で空いていたとしても数部屋程度です。

選択肢はほとんどありません。

たまたま気に入ったお部屋であればよいですが、そのような都合の良い可能性は少ないでしょう。

レギュラー出勤が必須

キャバクラの寮に住むとほとんどのお店でレギュラー出勤となります。

入店当初は、レギュラー出勤でも大丈夫だったかもしれませんが、事情が変わる事もあります。

レギュラー出勤ができなくなった場合は、引っ越す必要性が出てきてしまいます。

お店を辞めると寮から出なければいけない

お店を辞めると寮から追い出されてしまいます。

長期間働いて貯金があればまだよいですが、キャバクラは短期間で辞める方も多い職業です。

貯金もないまま仕事を辞め、寮まで追い出されてしまうと路頭に迷ってしまいます。

特に寮希望の方は、すぐに寮に入りたいのでお店の環境や条件などを二の次にしてしまい、お店をしっかりと選ばない事が多いです。

そのような理由もありしっかりと選べていないので、本入店直後に辞めたいと言われる方が多いです。

寮費が高い事もある

全てのお店に当てはまりませんが、賃貸で契約する賃料よりも高いケースがあります。

初期費用などお店が払ったりしているのでしょうがないケースもありますが、それにしても割高だと思うケースもあります。

寮完備のキャバクラ店の探し方

求職ちゃん

寮完備のキャバクラはどのように探したらよろしいでしょうか?

エージェント

主に4種類の方法があります。

キャバクラの仕事の探し方は主に以下の4種類となります。

  • 求人で探す
  • 知人の紹介で探す
  • 人材紹介会社の紹介で探す
  • スカウトマンの紹介で探す

1つずつ解説して参ります。

求人で探す

キャバクラの求人にも「寮完備」という条件のお店が多く掲載されています。

しかし、実際に面接に行ってみると寮に住めなかったケースが多いのです。

その理由は以下の通りです。

  • 空きがなかった
  • 解約してしまった
  • 面接の合否によって寮を用意しようと考えていた

空きがないケースや解約してしまったケースであれば納得できますが、面接の合否によって寮を用意するあくどいケースもあります。

上記のようなことがあるので、求人で寮完備のお店を探す際は、求人に寮完備と書かれていても応募の段階で寮の空きを確認する必要があります。

余程悪質でない限りは、寮の空きに関して本当の事を教えてくれるでしょう。

キャバクラの求人に嘘が多い理由と、嘘を回避する方法についてこちらの記事に書いてありますので、興味のある方はご覧ください。

知人の紹介で探す

知り合いのボーイやキャバ嬢の紹介で探す方法もあります。

知人が働いているお店であれば、寮の空きについて確実な情報を得られるので、安心して面接に行くことができます。

しかし、お店の選択肢が少ないのと、知人との関係性が変わるのが懸念されるポイントです。

こちらの記事では、友達の紹介でキャバクラの面接に行くのはどうなのか?という事を取り上げておりますので、是非お読みください。

人材紹介会社の紹介で探す

夜のハローワークとも呼ばれている人材紹介会社の紹介で探す方法もあります。

人材紹介会社では、多くのお店と常に情報交換をしており、寮の空き情報を持っています。

そのうえ、その他の希望条件に沿ったお店を提案してくれます。

人材紹介会社について知りたい方は、こちらの記事をお読みください。

スカウトマンの紹介で探す

スカウトマンの紹介でキャバクラのお仕事を探している方もいらっしゃいます。

しかし、スカウトマンから紹介をされてキャバクラで働くのは違法となります。

たとえスカウトマンと女性、お店の合意があって紹介されたとしても違法には変わりありません。

こちらの記事には、スカウトマンからキャバクラへの紹介が違法という事について書いておりますので、是非お読みください。

キャバクラの寮に住む際の注意点

求職ちゃん

寮に住もうかと考えていますが、何か注意点はありますか?

エージェント

入寮すると伝える前に確認すべきことがたくさんあります。

一度寮に住んでしまうと、寮に気に入らないポイントがあってもなかなか出るのは大変です。

よくあるケースでは、寮を見る前に入寮すると言ってしまい、実際に現地に行ってみると想像と全く違ったという事もあります。

しかし、入寮すると言ってしまった手前、なかなか断りにいようです。

失敗しない為にも入寮すると伝える前に以下の点をお店に確認しましょう。

  • 入寮の条件が厳しくないか
  • 部屋の間取り等は問題ないか
  • 寮費が相場より高くないか
  • 家具家電が揃っているか
  • 鍵交換はしているのか

以前に住んでいた方と鍵が同じケースもあります。

セキュリティの観点から考えると交換した方が安心してお住まいになれるかと思います。

その他キャバ嬢の家の探し方

求職ちゃん

キャバ嬢が寮以外に住む方法はありますか?

エージェント

もちろんございます。

キャバ嬢が寮以外に住む方法は主に以下となります。

  • ウィークリーやマンスリーマンションを借りる
  • アリバイ会社を利用する
  • 不動産会社にお願いする
  • 知人宅に居候させてもらう

解説して参ります。

ウィークリーやマンスリーマンションを借りる

ウィークリーやマンスリーマンションでしたら審査が全くないもしくは緩めです。

入居時に費用がかかるのと、通常の賃貸よりも2割程度(契約期間による)高めの賃料設定となります。

長期住む方には向いていません。

アリバイ会社を利用する

アリバイ会社(在籍会社)を利用される方もいらっしゃいます。

しかし、アリバイ会社を利用して賃貸契約を結ぶことは違法行為となります。

見つかってしまうと賃貸契約の解除、最悪のケースでは詐欺罪が成立する可能性がありますので、おすすめできません。

不動産会社にお願いする

水商売専門でお部屋探しをしてくれる不動産会社もたくさんあります。

お近くにもし専門的に紹介している会社がない場合は、普通の不動産会社でも問い合わせれば対応してくれる事も多いです。

ただし、アリバイ会社を勧めてくる会社もありますのでお気をつけ下さい。

知人宅に居候させてもらう

知人宅に住まれるキャバ嬢もたくさんいらっしゃいます。

しかし、関係性が崩れてしまう事もよく見かけてますので、個人的には最終手段とするべきかと考えております。

キャバクラの寮に関するよくある質問

キャバクラの寮についてよくある質問をまとめました。

回答に関しては店舗毎に異なりますので、その各店舗にご確認下さい。

家賃はどのくらいですか?

普通の賃貸と変わらない事もあれば、20~30%程高いケースもあります

友人や姉妹などを泊らせたり、家に招く事は可能でしょうか?

多くのお店では可能です。

男性を招いても大丈夫でしょうか?

お店によって異なります。

外泊はしても大丈夫ですか?

外泊は特に問題ありません。

まとめ

今回はキャバクラの寮に関して解説いたしました。

冒頭でお話しした通り、以下の条件でしたら選択肢に入れても良いと考えております。

  • 初期費用がない
  • すぐに住みたい

寮に住む際は、寮以外の条件を意識しない事も多いです。

しかし、寮の場合仕事が合わなければ住む場所も失ってしまいます。

寮希望だからこそ慎重にお店選びをしたいものです。

お仕事探しの方はLINEでお問い合わせください
LINEのアイコン

LINEの友だち追加ができます‼

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次