お酒大好きキャバ嬢必見!飲み営業のメリットと二日酔い予防の裏技も公開

お酒大好きキャバ嬢必見!飲み営業のメリットと二日酔い予防の裏技

キャバクラの店からすると、お酒をたくさん飲んでくれる「飲み営業」のキャバ嬢はまさに打ち出の小槌です。

キャバクラでは、お酒を飲めば飲むほど売上が上がるのです。

打ち出の小槌であるキャバ嬢は、お酒を飲めば飲むほどお給料が上がり、お店からの待遇も良くなります。

しかし、お酒の飲みすぎは体調を崩してしまうので、飲み営業は諸刃の剣ともいえるでしょう。

今回は、諸刃の剣「飲み営業」について解説して参ります。

仕事探しをお考えの方へ!

2300店舗以上の契約店から、あなたにぴったりのお仕事をご提案!

厚生労働大臣からの許可を得ている水商売専門の紹介会社なので安心です。

  • 求人には詳細が載っていない
  • 未経験で仕事探しが不安
  • 自分に合ったお店を知りたい
  • 合否が不安
  • 面接前にお店の詳細を知りたい
  • 条件の交渉をしてほしい
  • 高級店にチャレンジしたい
  • 日払い額の多いお店を知りたい

様々な不安や悩みがありますよね。

キャバクラやクラブ、ラウンジなどのお仕事を探している方は、お気軽にお問い合わせくださいませ。

東京・大阪・名古屋・横浜ナイトワークの体験入店

\ ここまで載せるの!?詳しい時給やシステムを公開 /

タップで移動できます

飲み営業に向いているキャバ嬢

求職ちゃん

私は飲み営業に向いていない気がします。

エージェント

飲み営業に関しては、努力すべきポイントではありませんね。

キャバクラには色々な営業方法がありますが、飲み営業は努力するべき営業方法ではありません。

お酒を飲むことによってだんだんと量を飲めるようにはなりますが、お酒に対して強くなっているのではなく、お酒に慣れているだけですので注意が必要です。

飲み営業は生まれつきの体質によって飲める量が大きく違いますので、あまり無理をなさらないようにお願いいたします。

お酒が好き

お酒が好きなキャバ嬢は飲み営業が向いているのと、好きだからこそ自然と飲み営業になっていきます。

キャバクラの仕事中に飲んでもおいしく、お酒が好きと感じるようでしたら天職と感じる人もいるようです。

お酒が強い

生まれ持ってお酒が強い人もいます。

そのような方は、飲み営業に向いていると言えるでしょう。

しかし、お酒が強い人ほど肝臓を将来的に壊しやすいとも言われているので飲み過ぎには注意が必要です。

自制ができる

飲み営業では、お酒を程よく自制することが非常に重要です。

飲みすぎて寝てしまう事や、二日酔いで動けない等周りに迷惑をかけない程度にお酒を飲む必要があります。

お酒を適度なペースで飲む事は、体を壊さない為にも必須な要素と言えます。

飲み営業のメリット

求職ちゃん

お酒をたくさん飲む事ができれば飲み営業ってメリットたくさんありそうですね。

エージェント

仰る通りでメリットが多いですね。

飲み営業のデメリットは、皆様もすぐに思い浮かぶでしょう。

ご想像通りで飲み営業のデメリットは、体調を崩してしまう恐れがあるという事です。

しかし、飲み営業のメリットが大きい為、デメリットに関して目を瞑っているキャバ嬢も多いようです。

それでは、飲み営業のメリットを一つずつ解説して参ります。

お給料が増える

飲み営業では、お酒が飲めないキャバ嬢よりも間違いなくお給料が増えます。

キャバクラの売上の主な構成は三つになります。

  1. お酒(ドリンクやボトルなど)
  2. 指名(場内指名や本指名など)
  3. 時間(延長)

飲み営業は、これらの要素を網羅しているので稼ぎやすいと言われています。

一つずつ見ていきたいと思います。

ドリンクやボトル

お酒を飲むという事は、お酒を消費します。

お酒がなくなるとお客様はどのような行動をとるでしょうか?

これは簡単ですね。

お酒がなくなると新しくお酒を注文する流れになり、売上が上がります。

キャバ嬢としてもドリンクバックやボトルバックが入るので直接的に収入アップが見込めます。

バックについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をお読みください。

場内指名や本指名などを頂きやすい

お酒をたくさん飲むとその場が盛り上がります。

盛り上がれば場内指名を頂ける可能性が上がります。

場内指名を頂ければ、本指名へステップアップすることも視野に入ってくるでしょう。

時間(延長)

キャバ嬢がお酒を飲むと、お客様の飲むペースも上がります。

お客様が程よく酔うと、どうしても財布の紐が緩くなってしまいます。

飲み営業が得意なキャバ嬢であれば、延長が取りやすいと言えるでしょう。

お店の待遇が良くなる

飲み営業のキャバ嬢は、待遇が良くなることが多いです。

売上が上がりやすい事に加えて、キャバクラにはお酒を飲んで盛り上がりたいお客様も多く来店されます。

そのような席につく事で、お店自体の評判も上がります。

お店として働いてもらわなければならないキャバ嬢となるので、フリーを回してもらいやすかったり、困った時には親身に相談に乗ってくれたりします。

キャバ嬢からの評判がよくなる

ヘルプの席でお酒を飲むと、指名されているキャバ嬢から感謝されます。

特にお酒を飲めない未成年のキャバ嬢は、ボトルのお酒を減らすことが大変なのでヘルプのキャバ嬢が飲んでくれると大助かりです。

飲み営業は、他のキャバ嬢からの評判を上げる事に繋がり、働く環境も良くなることが多い営業方法となります。

二日酔い対策

求職ちゃん

飲み営業は、次の日がきつそうですね。

エージェント

飲み営業は、二日酔い対策が必須です。

二日酔いになりたくなければ飲まないのが一番ですが、仕事なのでそうも言っていられません。

キャバクラで飲み営業を続けるには、お酒の適量を知り、二日酔い予防やなってしまった時の対処法について知る事も必要です。

1日あたりのお酒の適量

厚生労働省が推進する国民健康づくり運動「健康日本21」によると、節度ある適度な飲酒は、1日平均純アルコールにして約20g程度とされています。

平均純アルコールがどのくらいかと言いますと以下になります。

ビール

中瓶1本500ml

ウイスキー

ダブル1杯60ml

ブランデー

ダブル1杯60ml

ワイン

1杯180ml

焼酎

0.6合110ml

清酒

1合180ml

キャバクラで働くには少ないかとは思いますが、健康的に飲める量としての目安となります。

水分の補給

二日酔いの原因となるのが、肝臓でアルコールを分解する際に発生するアセトアルデヒドです。

アセトアルデヒドは、二日酔いを生じさせるといわれていますが、体が水分不足(脱水)の状態だと、このアセトアルデヒドを分解できず、二日酔いの症状が重くなったり、長く続いたりします。

お酒を飲む前に1杯のお水を飲み、お客様の席でお酒を飲んだら待機中などにお水を飲むことが重要です。

二日酔いになってしまったら、気持ち多めにお水や経口補水液を飲むと二日酔いが改善されやすくなるでしょう。

食べ物

食べ物の栄養素によって、二日酔いの予防や改善するのに重要な作用があるのでご紹介します。

アルコール分解を促進する栄養成分と主な食べ物

ビタミンB1

アルコールを分解し、最終的にエネルギーを作り出すときにビタミンB1が消費されます。

豚肉、うなぎ等

ナイアシン

アセトアルデヒドを無毒化する酵素の働きをサポートします。

たらこ、かつお等

ビタミンC

アルコールやアセトアルデヒドの毒性を弱める働きがあります。

果物等

二日酔いにならない裏技

キャバクラやその他の水商売でやられている方が多い裏技をご紹介します。

お酒をたくさん飲んだ後に「指を喉に突っ込んで意図的に吐く」という荒業をしている人もいます。

飲み営業の大変さを象徴している行為だと思いますが、あまりおススメできる事ではありません。

まとめ

今回は飲み営業について解説いたしましたがいかがでしたでしょうか?

飲み営業には以下のメリットがある事を解説しました。

  • お給料が良くなる
  • お店からの待遇が良くなる
  • 周りのキャバ嬢からの評判が上がる

しかし、体調を崩してしまうリスクをはらんでいるのをお忘れにならないでお仕事をしていただきたいと思います。

人生は健康があるからこそお金に価値があるのです。

求人情報について

ご紹介できる店舗数は2300店舗以上!

しかし、キャバワークに掲載している求人・体験入店情報は、ほんの一部となります。

求人情報が詳しすぎるため、一部の店舗様から掲載NGとなっているためです。

掲載している店舗様は一部となりますが、詳細な時給や雑費、ノルマ、ペナルティなどを詳しく掲載しておりますので、参考までにご覧くださいませ。

営業時間やバックに関しては、諸事情により詳しく掲載できませんが、面談時に詳細な店舗情報を添えてご提案させていただきます。

\ ここまで載せるの!?詳しい時給やシステムを公開 /

求人を検索する

仕事を探す

お仕事探しの方はLINEでお問い合わせください

東京・大阪・名古屋・横浜ナイトワークの体験入店

エージェント
サイトの運営者
水商売の仕事3000人以上の人材紹介を行う。
15年間培ってきた知識で失敗しないお店の選択方法や営業ノウハウを伝授!
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップで移動できます