【3分で分かる】水商売の意味・語源・由来について徹底解説!

水商売の意味や語源、由来を解説

水商売という言葉を聞いたことがない方は、おそらくいらっしゃらないと思いますが、水商売の意味や語源、由来を理解している方は意外と少ないのではないでしょうか?

キャバクラやスナック等で働く上でも、水商売について知っておくと話のネタにもなりそうですね。

今回は『水商売』について詳しく解説して参りたいと思います。

水商売の種類や時給、条件などを知りたい方はこちらにお進みください。

目次

水商売とはどのような意味で使われているのか?

求職ちゃん

水商売ってよく聞く言葉ですが、どのような意味なんでしょうか?

エージェント

水商売という言葉は確かに抽象的で分かりにくいですね。一言で表すと『人気稼業』です。

水商売は、お客様のひいきにより売上に大きな差が出る不確定な商売を指す日本の俗語となります。

代表的な職業ですと

  • 芸能人
  • 歌手
  • モデル
  • スポーツ選手
  • ユーチューバー
  • キャバクラ
  • スナック

などを指します。

今の時代では、キャバクラやスナックなどの飲み屋さんを指して水商売と言われることも多いです。

水商売の語源

求職ちゃん

水商売ってなんで『水』が入っているのだろう。

エージェント

実は水商売の語源は詳しくわからないのです。

水商売の語源には諸説あり正確な語源は不明です。

今回は語源の有力な3節をご紹介させて頂きます。

  • 流れる水のように収入が不安定な商売という意味から、水商売と呼ばれるようになった
  • 芸妓(芸者)などの職業が泥水稼業や泥水商売と呼ばれていた様子から水商売になった
  • 江戸時代、街路などで茶や菓子を提供し、人々の休憩所となっていた水茶屋(今でいうと喫茶店)から、水商売になった

主に、水を扱う商売に水商売が使われる事で見れば③の説が有力です。

しかし、タレントやスポーツ選手など水とは関係がない業種にも水商売という言葉が用いられるため、そういった事を踏まえると①または②が有力と考えることができます。

水商売の由来

求職ちゃん

水商売の由来は分かっているのでしょうか?

エージェント

実は由来も諸説あり詳しくは分かっておりません。

水商売の言葉の由来も諸説ございます。

  • 江戸時代の水茶屋(今でいう喫茶店)で美しい女性を雇って男性に水を売っていた
  • お酒の絡んだ喧嘩や恋は、酔いが覚めたら水に流す
  • キャバクラやスナックなどの商売は収入が不安定で、水には流水という言葉があるように、流れ去ってしまうという意味があり金の流れを例えた
  • 元手がかからない水を売るような職業

水商売の業種の語源・由来

求職ちゃん

キャバクラやスナックなどの語源や由来についても知りたくなってきました!

エージェント

キャバクラ・スナックでしたらお任せください!

キャバクラの語源

語源はフランス語の『キャバレー』(cabaret)と、英語の『クラブ』(club)を組み合わせたキャバレークラブを略してキャバクラとなった説が最有力です。

キャバクラの語源について詳しく知りたい方はこちらもご確認ください。

キャバレーとは?

日本では馴染みがほとんどありませんが、キャバレーとはダンスフロアでホステスとお客様が一緒に踊る飲食店のことをいいます。

クラブとは?

日本でのクラブとは、会員制でホステスとゆっくりお酒を楽しむことができるといった点が特徴です

英語圏のクラブとは、日本のクラブとは違い大勢の人が集まり、ダンスなどをしたりする社交の場で、その中でアルコールを飲んだりする場所を指します。

スナックの語源

語源は英語で軽食を意味する『スナック』(snack)からきています。


飲み屋のスナックの正式名称はsnack barと言い軽食堂という意味になります。

ラウンジの語源

語源は英語 の『ラウンジ』(Lounge)からきています。

ラウンジとは元々ロビーや休憩室、家庭の居間、くつろげるスペースのことを言いますが、そこから水商売としてのラウンジが生まれたようです。

まとめ

今回は水商売の意味や語源、由来について解説して参りました。

語源や由来については諸説あるという事でしたので、いつか時間があるときにでも深堀していきたいと考えております。

この解説が人の役に立つようでしたらうれしく思います。

お仕事探しの方はLINEでお問い合わせください
LINEのアイコン

LINEの友だち追加ができます‼

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次